ブログ

人の振り見て…

2016/06/29

こちらの画像、通りかかった所で見かけた制作途中の垣根です。

この胴縁の継ぎ方…あまりにも残念すぎてびっくり、この場所は坂になっていて画像左から右への下り、このやり方では雨の時に上の胴縁から雨水がつたって下の竹の中へ入ってしまう。

そして材料の節約なのか、繋ぎ部分の太さがこんなに違っていて作り手は何も感じないのかな、あと竹を一本足せばキッチリ差し込める太さに調節できるけどなぁ。

材料の下ごしらえ、竹も洗って汚れ落とししていないし…もし私がこんな垣根を組んだなら先代から作り直せと言われてしまうし、自分もその立場なら作り直せと言うでしょうね。

庭作り、一本の木の剪定も自分の作品です、そして他のお客様にしたらその業者の腕前を計るサンプルでもある。

垣根などは特に何年も人様の目に触れるのだから、丁寧な作りにしないと…。

最近は本当にこういう竹垣を注文して頂けるお客様が減りました、このようなお客様は大切にしていただきたいと他社のことながら思います。

- Sponsored Link -

-ブログ